糖尿病寸前!境界線からの脱出

こんにちは!私は45歳、おばさんダイエッターの佐々木です。

私はもともと縦に大きく、小学校に入学する時の検診の身長は平均を越え約130センチありました。まだ体重は20キロ程でスリムだったのですが、小学校に入学してまもなく両親が離婚し、父親と祖母と暮らすようになりました。それから数年、身長も伸びましたが小学校を卒業する頃には身長155センチ、体重は70キロオーバー。祖母の食事は肉がと白米が中心。野菜は主に畑で取れたものが食卓に出るので今思えばかなり偏った食事をしていたと思います。
服はピチピチで体型でイジメられる事もありました。
中学校入学し、楽そうな卓球部を選んだのに基礎の練習でランニング、腹筋、反復横飛びを毎日する事になりあっという間に20キロ痩せました。
でもそれから社会人になり付き合いで食べてばかりいたら、あっというまに100キロこえた!健康診断ではヘモグロビンa1cが8.0!といわれ、糖尿病型といわれました。血糖値も高く、すぐに食事と運動にちからを入れました。絶対に痩せなくては!ときめて、菊芋などイヌリンが含まれるものを食べました。血糖値を下げる働きのあるイヌリンが糖尿病にいいのはいろんなテレビで言われて知っていたいので、サプリメントを通販して飲みました。

そして月日が流れて30代前半、一人目の出産後60キロに突入してしまい、食事は授乳中という事もありどうしても減らせなかったのでモムチャンダイエットのDVDを購入し1日30分ずつ運動をし50キロ台に戻すことができました。
そして30代後半、二人目の子供を生んだあとまたしても78キロと激太りしてしまいスクワットと足パカと呼ばれる仰向けに寝て足をまっすぐ伸ばして開いたり閉じたりするものと夜だけ糖質制限を始めました。足パカは毎日少しずつ回数を増やし1ヶ月間毎日するもので、最終日は300回にもなり表を見ているだけで気が遠くなりましたが、急に回数が増えるのではなく毎日少しずつ増えるので頑張ることができました。スクワットは回数を増やす事を断念しましたが、ヒップの高さが上がりスタイルよく見えるようになりました。現在は身長166センチ体重は60キロ前後です。
いまは無事糖尿病から脱出して、血糖値・ヘモグロビンa1cも良い数値です。